シュガーワックスのワキ脱毛でトラブル!?手作りの方法と口コミチェック!

シュガーワックスってそもそもなに?

むだ毛を処理するなら、カミソリで剃るよりも抜きたいと考える女性が少なくありません。
確かに剃るよりも抜いた方が、仕上がりも綺麗な上に、脱毛効果も高く得る事が出来ます。ただしそのためにエステに行くとなると、お金が掛かるので難しいという女性も多いです。
ですがそんな女性もシュガーワックスを利用する事で、お金を掛けずにむだ毛を抜く形で処理する事が出来ます。
というのもこのワックスは自宅で手軽に自作出来るので、お金を掛けずにむだ毛を処理する事が可能です。
しかもこのワックスは、髪の毛以外の全身の毛に使える上に、細い毛から剛毛と呼べる太い毛まで処理可能なので、むだ毛処理に悩んでいる人にはおすめ出来ます。

 

→シュガーワックスの作り方

そんなシュガーワックスを作りにはまず、材料を揃える必要があります。
ただし必要な材料は、砂糖とレモン汁と水だけであるので、簡単に揃える事が可能です。
しかもレモン汁も、本物のレモンを搾るだけでなく、市販の瓶等に入っている物でも利用可能な点も有り難い所だったりします。そして作り方自体も非常に簡単であり、まずはボウルに砂糖とレモンを入れてから水を加えて、それらを十分に馴染ませるのです。
その上でそれらを鍋に入れて、中火程度で加熱して行きます。ただしその際、焦げ付かない様に材料を混ぜながら、時間を掛けて煮込んで行くのです。
そうすると、色が褐色に変化して行くと共にドロッとし来るので、そこで火を止めます。後は熱を取って、保存用の瓶等に移せば完成です。

 

シュガーワックスのデメリット

シュガーワックスは手軽に自作出来るだけでなく、太いむだ毛でも細いむだ毛でも脱毛も可能なので、非常に便利だったりします
。しかも刺激の強い成分も含まれていないので、全身の様々な箇所に使用可能な点も魅力的です。
ですがその一方で、シュガーワックスにはデメリットもあるので、注意が必要だったりします。シュガーワックスに限らず、脱毛ワックスの欠点と言えるのが、脱毛時に痛みを伴う事です。
むだ毛を引き抜く事になるので、当然であり、しかも痛みは一瞬だったりしますが、やはりそれなりに覚悟が必要となります。デメリットとしては他にも、肌にダメージを与える恐れがある事です。というのも原料は低刺激であるものの、皮膚を引っ張って脱毛する事になるので、肌質が弱い人は別の方法を選んだ方が無難だと言えます。

 

やっぱりVIOは自己処理より脱毛エステがおすすめ

シュガーワックスは、全身の様々な場所に使用可能な脱毛ワックスです。
ですがやはりVIOの様なデリケートなゾーンは、シュガーワックスで自己処理するよりも脱毛エステに行き、施術を受ける事をおすすめします。
というのもシュガーワックスは、むだ毛を抜く際に皮膚を引っ張るので、デリケートなゾーンの肌には大きな負担となる可能性が少なくないです。
その結果、デリケートゾーンで肌トラブルが生じてしまった場合、対処するのも厄介だったりします。しかもVIOのむだ毛を自力で綺麗に処理するというのは難しく、処理漏れが生じる危険性も高いです。
なので専門スタッフがその人の肌質に合った脱毛法で丁寧に施術を行う、脱毛エステに頼った方が安心出来ます。

おすすめの脱毛エステベスト3

ミュゼ
お得な50%OFF!キャンペーンで脇、Vも激安で通い放題!

↓↓↓

脱毛ラボ
1990円から全身!VIO単発のコースあり|

↓↓↓

【期間限定キャンペーン】
銀座カラー
全身も、VIOもセット価格があります!

↓↓↓

銀座カラー 脱毛キャンペーン